いずみ高校×小川工業実験実習4号棟新築その他工事特設サイト

当サイトでは、
「19 いずみ高校実験実習4号棟新築その他工事」に関する情報を更新してまいります。
建設産業のやりがいや魅力をお届けします。

2020.09.01

ゲスト参入

こんにちは!! 長島です。

先日、千葉工業大学の学生さん2名が、当社の5DAYsインターシップに参加いただき、施工管理の現場実習として、いずみ高校4号棟の工事に来現しました。

実習を終えた2人から、レポートが届きましたので、みなさんにもその声をお届けしたいと思います。

20200820_今村のサムネイル
▲今村さん感想

20200820_小田1のサムネイル
20200820_小田2のサムネイル
▲小田さん感想


▲県の担当者(小松さん)と色彩計画について意見交換


▲ラジオ体操、朝礼に参加


▲最終日、みんなで記念撮影

今村さん、小田さん、すてきなレポートありがとうございました。充実した実習を過ごせたようで、担当した私もほっとしました。短い期間でしたが、今村さんと小田さんの“やる気”に終始圧倒されてしまいました。

私自身も貴重な体験となり、成長の糧となる良い経験となりました。

 

今村さん、小田さん、お二人とも暑いなか、大変お疲れ様でした!!

2020.08.24

夏!夏!夏!

みなさんこんにちは。

暑いです!
先月とはうってかわって真夏の暑さが猛威を振るっていますがいかがお過ごしでしょうか。

熱中症とコロナ感染対策の両立しながら、工事を進めています。

鉄骨建方の状況です。

屋根の上から、

あっという間に、建物の形が見えてきましたね。

次回は、なんとゲストの参入です。

2020.07.21

当社女性社員からのメッセージ(入社5年目)

鈴木:
≪ こんにちは!今日は笑顔が素敵な先輩からのメッセージをお届けします。≫

前薗:
みなさん初めまして。今年で入社5年目になります。前薗麗奈(まえぞのれいな)です。
私からは「女性も活躍出来る建設現場」をテーマにお話します。

建設業界の仕事は様々ありますが、現場での仕事って男の人がやるイメージ…。大変そう…。って思いますよね?
私も同じように考えてました!でも現場での仕事内容は現在進行形で移り変わっています!
国土交通省は「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」というものを発表しているんですよ!

当社には現在女性技術社員が4人います。これからも女性の現場監督を増やしていこうとしていて、会社全体も総力を上げて女性が働きやすい職場つくりに取り組んでいます。
そもそも…、現場監督という仕事は力仕事じゃないんです。それは以前の記事で紹介されていましたね。
では、私が実際に現場でどんな仕事をしているのか、紹介します。

1.屋外での仕事
下の写真は職人さんが作業している内容が間違っていないか確認をしている状況です。
先ほどお話ししたように、力仕事ではなく確認や指示を出すことが私のメインの仕事の一つです。

2.屋内での仕事
現場監督の仕事は、職人さんが仕事をするための準備や段取りをすることもとても重要です。
図面を描いたり打ち合わせを行ったり、間違えてしまうと建物に大きな問題を発生させてしまうこともあります。なので責任重大なんです!
お客さんや設計の方、現場の先輩社員、職人さんとたくさんコミュニケーションを取って、より良い建物を建てるため日々勉強・思考を巡らせます。

また、入社年数が経つにつれて後輩社員も増えていきます。もちろん仕事内容を教えてあげるのは先輩社員の役目です。
下の写真は、現場での安全管理や、パソコンで図面を描くソフトの使用方法などを研修しているところです。

いろいろと話そうとすると全くページ数が足りませんが、何となく女性でも出来る仕事だと伝わったでしょうか??
でも仕事が終わった後は、「たくさん汗をかいたし帰る前に洋服を着替えたい。」「お化粧直したい。」と思いますよね!
下の写真は現場に設置してもらった女性専用更衣室です!可愛らしくてとても快適でしたよ!

ずばり、この仕事は女性でも出来る仕事です!現場によって状況の違いはあるかもしれませんが、働きやすいよう様々な工夫をしています。まだまだ伝えたいことはたくさんありますが、少しでも 建設業界 に興味を持ってもらえたら嬉しいです。
高校生活楽しんで下さいね!!

鈴木:
<前薗さん、すてきなメッセージをありがとうございました。次回、いよいよ建物の骨組みの心臓部、鉄骨工事です!>

2020.07.16

昨日も雨、今日も雨、明日も雨?

鈴木:
こんにちは! 鈴木です。実は私、雨の日……結構好きです。
そんな天候の中、予定通り基礎コンクリートを打設することができました。

コンクリートの打設作業は、コンクリートを送り込む重機や、専用の機器でコンクリートの締固めを行う人、コンクリートの表面をきれいに仕上げる人など、たくさんの職人さんによって行われます。

↓打設状況

型枠を取外し、姿を現した”基礎コンクリート”がこちらになります。
今後埋まってしまいますので、見られるのは今だけですよ!

↓基礎出来形

 

続いて、新入社員の長島くんからの仕事への”おもい”について語ってもらいましたので、どうぞ!

長島:
私が入社後、この現場に配属されて一か月経ちました。実際に建築現場を経験してみて一番感じたことは、安全管理の重要性です。
現場は「人」「重機」「設備」などが、「考え方」「使い方」「組立て方」次第で様々な危険の要因が生まれてしまいます。私たちは、設備や作業場所、作業方法に危険性がないかを入念にチェックして取り除き、安全を確保する必要があります。
これからも”安全第一”でより良い建物を建てるために、目くばり、気くばり、心くばりをしていきたいと思います!

鈴木:
長島くんありがとうございました。

いずみ高校のこの工事を、無事故無災害で終えられるよう現場一丸となって安全管理に努めていきたいと思います!

次回は素敵な女性社員からのメッセージをお届けする予定です!
お楽しみに~

2020.06.25

毎日むしあつい気候ですね

こんにちは!鈴木です。
関東も梅雨入りしましたね。雨に負けず、暑さに負けず、現場管理に邁進中です。

いずみ高校の生徒のみなさん、建設地西側に現場の中を覗けるところがあるのは知ってましたか?
ぜひ中の様子を覗いてみてくださいね。(職人さんの、かっこいい仕事ぶりがみられるかも、、?)

 

少し前より、私たちの仲間が増えました。その新メンバーを紹介します。
新入社員の”長島杉也”くんです。

今後長島くんから、実際に仕事を経験したことの”おもい”について語ってもらおうと思います。

 

それでは、本日も現場へ行ってみましょう。

基礎の鉄筋の組立てを行い、型枠を建て込んでいきます。
この型枠の中にコンクリートを流し込めば、建物の基礎の完成となります。

次回、その完成した基礎の造形が見せられるかも。期待しててくださいね。